赤いソファに腰かける仮面をつけた下着姿の女性

風俗のお仕事に対する3つのネガティブな感情

風俗の仕事に就職するまでの基本的なステップについてお話をしよう。インターネットや求人雑誌をみてもすぐに「応募の連絡をしよう」と考える人は少数派だ。

これまで風俗勤務の経験がない素人女性はどうしても尻込みして躊躇する。その理由は次のような3点である。

  • 不安な気持ち。
  • 恐怖感。
  • 内容が良くわからない。

ここでは面接から実際に仕事をするまで流れをご紹介しよう。

1番目は<お店にコンタクトすること>である。電話をしてもメールをしてもOK!質問があればこの段階でしておけばいいだろう。

採用スタッフと面接の日付を調整する。面接場所はその店舗か別の喫茶店などですることも多い。女性スタッフが面接をするケースも増えている。

2番目は<実際に対面して面接>することだ。はじめは世間話になって、希望や条件を摺り合わせる。リラックスできた段階で給与や待遇の質問になってくるのだ。

条件がおりあえば交渉成立。あとは仕事をスタートする日とかの確認になる。ここで疑問点は全部クリアにしておきたい。特にプレイ内容や労働条件についてはシビアに聞いておこう。

できたら店舗型風俗の場合はプレイルームを見ておきたい。そして派遣型ならば待機ルームなども見せてもらうといいだろう。

3番目は<体験入店>だ。いきなり正式に仕事をするのは不安な女性が多い。心配するのは自分でこなさえるかどうかだ。採用担当も不安があるので優良客をつけて体験入店させて貰うと雰囲気が分かるだろう。